FC2ブログ
   
03
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

暫くこの記事はトップに置かれます。

※こちらの記事はちょっと宣伝のために一番上にくるようにしています(/・ω・)/
最新記事はこの下となります。

※更新予告情報などはTwitterにて(*‘∀‘)
左側にリンクがあります。
もしくは、歌月碧威で探して頂くか、ツイッターアカウント@aoi_kazuki02

☆2019年2月26日頃~発売中☆
『追放ご令嬢は華麗に返り咲く』

.レーベル レジーナブックス様
.イラスト 彩月つかさ先生
ISBN-10: 4434257285
ISBN-13: 978-4434257285

web版加筆+後半書き下ろしとなっておりますので、よろしくお願いします!
※レジーナブックス様のサイトにて、アンケートに答えて頂くと追放~の特別番外編SS読めます。



☆既刊☆
『妹が可愛いのでコンプレックス持ちになった少女が、御曹司に溺愛されました。』
リアル書店、ネット書店にて発売中ですのでよろしくお願いします!
本編+おまけSS。

レーベル ビーズログ文庫アリス様
イラスト hnk先生
ISBN:978-4-04-734436-5
電子書籍版もあり。

pixivノベルさんにて第一章試し読みが出来ます。
web拍手 by FC2
スポンサーサイト

追放ご令嬢は華麗に返り咲く発売。

こんばんは!

活動報告などでは20日に宣伝させて頂きましたが、
追放ご令嬢は華麗に返り咲くの書籍が2月26日頃から発売されました。


『追放ご令嬢は華麗に返り咲く』
レーベル レジーナブックス様
装丁・本文イラスト 彩月つかさ 様 

書店さんによってはまだ入荷していない所もあるかもしれません。
碧威の周りにある書店ではまだでした…

書店で見かけした際は、お手に取って頂ければ幸いです!

レジーナブックス様のサイトにて、アンケートに答えて頂くと、
特別番外編SSが読めるようになっています。
文字数的には5000文字くらいのSSで、
ライとティアが書籍版の本編完結後から数か月後の植物園デートです。


追放~は元々、webで掲載していたものですが規定のため、
なろう版は削除となり、アルファポリスさんも一部削除となりました。
削除に関してご協力いただき、ありがとうございました。

書籍発売に関してお祝いコメント下さった方々、ありがとうございました(´▽`)

webのも近々更新予定です。
追放~は番外編です。
妹ばかり~は匠視点となっています。
更新した時はよろしくお願いします!

では('ω')ノ




web拍手 by FC2

新年のご挨拶。

あけましておめでとうございます。

昨年は、いつもお読み下さっている方、感想下さった方、Twitterで声をかけて下さった方など、色々な方達にお世話になりました。
ありがとうございました!

今年は少し新しいこともやれればなぁと思っています。
まったり執筆を続けていきますので、本年もよろしくお願いします。



web拍手 by FC2

拍手お返事&シロ視点のSSup

こんばんは!
10月です。ハロウィンです。
雑貨屋さんでハロウィングッズ見るとテンション上がっています。

メゾン文庫となろうのコラボの公募出したかったんですが間に合いませんでした。
おしごとものを書こうと思って、自分の仕事をそのままにしたのがマズかったのかもしれません。
仕事を思い出して筆進まず(;・∀・)
でも、五万字まで書いていたんですが、あっ、これなんか違うと半分削除。
色々な作品を安定して書けるようになりたいです。

半強制~ですが、フェアリーキスさんの一次通過に残させて頂きました。
昔の作品ですが、愛着があるので嬉しいです。
かなり前にもブログでちらっと書いたことがあるかもしれませんが、
パソコンに入っている未完の作品もwebの作品もどれも私にとっては同じくらいに大切で愛着があるので(*´▽`*)
通ってくれるかドキドキです。

あと、今回ちょっと前にTwitterで呟いていたシロ視点のSSを掲載します。
六条院祭終わった後、お茶会して五王家に行った朱音とシロの話です。

なろうの更新ですが、今週末更新予定となっています。
準備ができましたら、またいつものようにTwitterにてご報告させて頂きます。

それから、拍手へコメント下さった方々、ありがとうございました!
お返事はたたんでいますので、お心あたりの方は続きを読むからお願いします(*´▽`*)

では、また('ω')ノ





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」

『番外編 ~六条院祭後の五王家にて(シロ視点)~』

ご主人様も美智ちゃんも学校に行っているため、僕はミケおばあちゃんと一緒に縁側でまったりしていた。
温かな日の光を浴び、うとうとと夢の世界に足を踏みかければ、聞き慣れた二つの足音と匂いを感じることに。

『あれ……?』
僕は伏せていた身を起こしながら、鼻をかすめた匂いがする方へと視線を向けた。

『朱音ちゃんだっ!』
ママさんが帰ってきたみたいだけど、一緒に朱音ちゃんの匂いもする。
廊下から聞こえてくる足音も朱音ちゃんのものだ。

朱音ちゃんは今年受験というものがあるらしく、うちに来てくれる時間がすごく減って寂しい。
ご主人様も寂しいのか、朱音ちゃんの名前を呟きながら紙に何か書いているのを時々見かける。

『ねぇ、ミケおばあちゃん。朱音ちゃんの匂いがするよ』
日向ぼっこしているミケおばあちゃんに声をかければ、耳をピクピクと動かす。

『ん? 本当だ。珍しいな、匠も美智もいないのに』
『やったー。朱音ちゃんだーっ!』
朱音ちゃんの登場に眠気はすっかりと消えてしまった。
僕は足音のする方へ駆け出す。
一刻も早く朱音ちゃんと遊びたくて――

『あれぇ?』
ママさんの隣にいたのは、全くの知らない人だった。
髪が長く短めのスカートを履いている少女がいる。
匂いは朱音ちゃんのだけど、姿は朱音ちゃんじゃない。

そのため、僕は警戒してすぐに離れようとしたんだけど、聞き慣れた声で僕を呼ぶ声がしたので動きを止める。

「シロちゃん!」
あれ? 朱音ちゃんの声だ。

でも、どこ?

きょろきょろとあたりを見回すけど、朱音ちゃんの姿がない。

「あら? シロも気づかないのね。シロの大好きな朱音ちゃんよ。変装しているから髪型等が違うの」
ママさんがしゃがみ込んで僕を撫でながら言った。

『本当に朱音ちゃんなの?』
僕は朱音ちゃんの傍によると、くんくんと匂いを嗅ぐ。
やっぱりいつもの朱音ちゃんの匂いがする。

「シロちゃん、私だよ」
髪の長い女の人はかがみ込むと、僕を撫でてくれた。
いつもの朱音ちゃんと同じ優しい撫で方だし、声も匂いも朱音ちゃんなので僕はやっと警戒を解く。

「シロも気づかないのに、匠は本当によく気づいたわね。龍馬達から手を振るときの仕草で気づいたと聞いたけど……手を振る時に一度大きく振れるなんて、今まで一度も気づかなかったわ」
『手を振る時、揺れるか? 全く気付かなかったぞ。ギリギリだな、匠』
『匠はどこに向かっているのかしらねぇ』
背後から聞こえてきた言葉に振り返れば、ミケおばあちゃんと夜乃おばあちゃんの姿が。

『しかし、変装ってすごいわね。朱音だって気づかないわ』
夜乃おばあちゃんがふわりと浮くと、朱音ちゃんの前に立ちじっくりと朱音ちゃんを見ている。

『でも、どうして変装しているのかなー?』
『わからないわ。でも、可愛いからいいんじゃない』
『そうだねー。朱音ちゃんがどんな格好をしても、大好きな朱音ちゃんなのは変わりないし』
ご主人様と同じように僕は朱音ちゃんが大好き。
いつも僕と遊んでくれるし、とっても優しい。

「朱音ちゃん、写真を撮ってもいいかしら? ミケもシロも一緒に」
「はい!」
『夜乃おばあちゃんもいるよー!』
『私が写ったら心霊写真になるわ』
「さっそく撮るわね」
ママさんに写真を撮って貰った後は、朱音ちゃんがいっぱい遊んでくれた。
久しぶりの朱音ちゃんと遊べて楽しかったけど、ご主人様も居ればもっと楽しかったと思う。
次はご主人様も一緒がいいなぁ。



☆おまけ☆

匠「えっ!? 朱音、うちに来たの? だから、シロの機嫌がいいのか。シロ、ちょっとぎゅっとさせて」
シロ「ワン!(いいよー)」
匠「心なしか朱音の残り香が……」
ミケ&夜乃「アウト。これは完全にアウト!!」
匠「ミケが鳴いているんだが、なんだろ? おやつか?」



                        web拍手 by FC2

拍手変更しました!

こんばんは!
台風が列島に近づいていますので、避難勧告などの情報に注意して下さいね。
被害がないことを願います。

さっき、ブログの拍手を更新しました。
追放ご令嬢~は、リスト視点で『蜂蜜』
妹ばかり~は、匠視点で『二人の朱音』
妹ばかり~は、本編・花火と繋いだ手の前書きで予告していた話です。
本編内で匠が言っていたレオン達と寝ていた時のエピソードです。

ツイッターで予告しましたが、明日は追放の更新です。
追放ご令嬢をご覧の方はよろしくお願いします。


では、では('ω')ノ
web拍手 by FC2

プロフィール

蒼依

Author:蒼依
「小説家になろう」様にて小説を書いてます。

+溺愛逆ハー好き。でも反溺愛反逆ハーも好き。

+時々小説の公募にも参加してます。(別名義)

最新記事

リンク

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード